自然療法、クリスタル、アロマテラピー、フラワーエッセンス、カラーセラピー、カードリーディング、アストロロジー、ネイチャーマジックなどの講座、ワークショップ、セッションを提供するサロン&ショップです。

[牡羊座の満月]揺れる、揺れるバランスの宇宙ダンス

10月4日の中秋の名月、美しかったですね。皆さん、見られましたか?

美しいものに心を奪われている(感じ尽くしている)瞬間というのは、

まるで時計の刻む’時間’という枠の外にいるような感覚になりませんか。

さて、10月6日3:40に牡羊座で満月になります。

今回の満月もまた色んなテーマがみえてきます。

 

1,半年前の牡羊座新月(3月28日)に立てた割りと大きな目標や願いが到達・成就すると言われています。

 半年前の新月の頃、何を思い願ったのか、日記やスケジュール帳などを開いて確認してみるのもよいかもしれません。

2,金星と火星のエネルギーが強烈になる満月です。

この満月では、金星と火星がピタリと重なるだけでなく、太陽がいる天秤座は金星が、月のいる牡羊座は火星がそれぞれのルーラー(支配星)になっています。

金星の「自分の内側でゆっくりじっくり喜びをもって味わう感覚」を、火星の「自分の外に向かって情熱をもって行動していく」エネルギーなのかなあと思います。

また金星の女性性と、火星の男性性という、自己の内なる二極性が調和し、統合していくこともテーマになっているように感じます。

3,自己と他者との関係性を通して最高のバランスを見つける。

無意識や感情を表す月がいる牡羊座は、純粋な欲求や情熱的な自己主張をするのに対し、意識や意志を表す太陽がいる天秤座は一対一で他者と向き合う関係性を通して自分を認識していくことがテーマになっています。

牡羊座〜乙女座で養った’内なる自己’の主張をそのまま相手にぶつければ、相手の内なる自己の主張と衝突してしまいます。’これが自分だ’という純粋な欲求を表現していくことと、自分は我慢して相手のためばかり思い行動すること、のバランスを見極めていくことが、なかなか強烈にクローズアップしそうです。

私達はついつい、’ひとつを選択したらもう一方を諦めなければいけない’というどちらか一つという極端な判断をしがちですが、2つの相反する事柄であっても、必ず、共に生かしつつ、バランスを保てる結節点があります。それらが本当に互いの魂からの純粋な欲求や主張であるならば、互いが納得できる居心地の良いバランスポイントを見つけることができるはずです。

ポイントは、自分にとっても、相手にとっても無理や犠牲がないこと。

またここでの学びは、自分では純粋な自己主張と思い込んでいたけれど、相手が頑なに抵抗してくることで、実はその主張がエゴからくる執着であったことに気付かされるのかもしれません。

自分の人生に現れる人は、例外なく、自分の中にあるものと共鳴するものをもっています。特に、自分を苦しめるような人というのはキーパーソンで、自分の中にある自分を苦しめている感情や思考パターン(被害者意識、罪悪感、自己卑下、自分を受け入れていないなど)に気付かせてくれているのです。

天秤座の教えのひとつは、敢えて揺らすことで完璧に調和するバランス点を見つけることができる、というところではないでしょうか。

心が揺らぐ時、人は不安になりますが、実は心が最も安定する重点を探しているのだとも考えられますね。

4,意識のシフトのポータルが開く10月 

ずっと書いてきましたように、今年2017年はユニバーサルイヤーで「1」という始まりのエネルギーをもつ年です。そんな今年の10月は、「11」というマスターナンバーの月になります。

マスターナンバーは、私達の意識を次元上昇させるチャンスをもたらす特別な数秘エネルギーをもちます。

また「11」はその形が二極の柱にも見える通り、意識が多次元に移行するポータルとも言われています。

このポータルを活かすキーになりそうなのは上記でも述べたように、内なる二極性、自己と他者との調和と統合のような感じがします。というのも、満月のこの日の数秘的エネルギー「8」がまさにこの性質があるからです。ちなみ、「8」という数字の真ん中の結合点が二極性のバランスポイント(結合点)で、これが成立すると永久に循環していきます。

5,具現化のファーストステップの月

ネイチャーマジック(自然魔術)の世界では、種蒔きから育ててきた実りを刈り取るということで、10月の満月のことを「ハーベストムーン(収穫の月)」と呼ぶそうです。

人生の目的意識をもつ太陽が天秤座に入っているこの10月は、占星術のホロスコープでいう後半の半円のプロセス、「内なる自己を外に向けて具現化していく」最初の一歩です。

改めて自分に問いかけてみましょう。

どんなあなたを表現し、どんな世界を創造したいですか?’

・・・というわけで、この満月もなかなか盛りだくさんの深いテーマが詰まっていますが、

ここでの私達の取り組みは次の新月まで続きますし、

その間、もうひとつ今年最後の大きな天体イベントが待ってます(私は日々、これをヒシヒシ感じております)。

それは10月10日に1年ぶりに木星が天秤座から蠍座に移るタイミングです。

既にホロスコープもチェックしましたが、

天体がサインを変える時は、特にその天体のテーマでダイナミックな変化があるといわれています。

今、木星は10日に向けて、一対一の人間関係の天秤座のテーマの総仕上げをしているところで、この1年このテーマの木星に負荷(試練)を与えてきた天王星(古きシステムを壊す、革命、斬新なアイデアなど)も、このプロセスを最後までサポートしてくれていますよ。

error: Content is protected !!