自然療法、クリスタル、アロマテラピー、フラワーエッセンス、カラーセラピー、オラクルカード、占星術、タロットカード、ネイチャーマジックなどの講座、ワークショップ、セッションを提供するサロン&ショップです。

続・New Begin・「1」の年の始まり

本題に入れなかった(笑)、前回からの続きです。

ずっとお伝えしている通り、今年2017年は、数秘学でいうユニバーサル・ナンバーが「1」(2+0+1+7=10→1+0→1)の年になります。ユニバーサル・ナンバーとは、1に始まり9に終わる’9年周期’を表す数字で、私達が9年かけてあるテーマ(個人レベルや社会レベルで)に取り組み、その中で成長・発展を目指し、結果を出していくプロセスの進行地点を示します。それが、今年は「1」、つまりこれから始まる9年周期の「新たなサイクルの始まりの年」ということになります。(ちなみに昨年2016年はサイクル終了の「9」の年でした。詳しくは前の記事をご覧下さい。)

ちなみに数秘学でみる「1」の性質は、「始まり / 自立 / 革新 / リーダーシップ / 決断力 / 男性原理」です。

そして、今月はまたそんな新しいサイクルのまさに始まりの月である「1月」であり、ここでの私達の意識の在り方は、この先9年間の流れを決めると言っても過言ではありません。

さらに、先月末の新月から月のエネルギー(私達の潜在意識)が山羊座の影響を受けることからも、今の私達の置かれているこの特別な全ての始まりの時の在り方として、タロットカードの「1.魔術師」が示すことがヒントになるかもしれません。

  1. 意識的であること・・・動機、意図、目的を明確にする、自覚する、気付く
  2. 集中すること・・・目的に焦点を当てる、意志と忍耐、専念する
  3. エネルギーを満たす・・・情熱的、衝動的、活力がみなぎる、創造的である
  4. アクションを起こす・・・活動的、目的を達成する、有言実行、才能を活かす

まさに現時点の’始まり’を示す1のカードであるだけでなく、魔術師の手前にある机の上には現実創造に必要な全ての道具(ワンド、カップ、ソード、ペンタクル)が揃っており、魔術師の右手はインスピレーションの源であるスピリットの世界(大いなるセルフ)を指し、左手はそれを具現化(物質化)させるために地に向けられていることから、

「私達には必要な全てが既に与えられており、明確な意図と強い意志をもって、ハイヤーセルフと心と肉体が繋がれば、まるで魔法のように全てを現実化することができる」

ということでしょうか。

今年は星の配置や動きでも興味深い流れがあり、

まず東日本大震災が起きた翌日の、福島原発1号機がメルトダウンした2011年3月12日に牡羊座に入った天王星が滞在がクライマックスを迎えつつあること、2015年から射手座入りした土星も今年最後に山羊座に移行することなどが特徴としてあげられます。これらの星の動きは「変容を促す古いパターンの破壊」を意味すると解釈されていて、今年もその総仕上げ的な流れがあることが予想されているようです。ただ木星が「調和とバランス」を司る天秤座に秋まで入っているため、ダイナミックな破壊的なイベントがあったとしても、そこには常に調和に根ざしたものであり、またそれを目的としたものになるとされています。

目下のところは1月8日に水星の逆行が終わるため、今までの停滞していたことなどがスムーズに動き出したり、自分の気持ちもクリアになり目標が定まったりと、何か変化を感じられるかもしれません。

年末年始、穏やかな晴天が続く毎日でしたが、何かこれまでとは違う新しいエネルギーの躍動感を私は感じました。皆さんはいかがでしょうか。

0
error: Content is protected !!