自然療法、クリスタル、アロマテラピー、フラワーエッセンス、カラーセラピー、カードリーディング、アストロロジー、ネイチャーマジックなどの講座、ワークショップ、セッションを提供するサロン&ショップです。

【乙女座の新月に向けて】可能性の種のアクティベーション

今日から9月に入りました。

前回の記事でも書いたように、7月からの3回連続の蝕の時期とたくさんの天体の逆行という、身動きがしづらい期間を越えて迎えた先日の魚座・満月(美しかったですね〜)から、やっと少しずつ前に進み始めた感じがするのではないでしょうか。

そして、少し先ですが、この次にくるのが9月10日に起こる乙女座・新月になります。

例の蝕の期間、私たちは意識の異次元トンネルの中にいたようで、自覚できる部分とできない部分があるでしょうが、特に潜在意識レベルでの大きな浄化や二元性の統合が起きていたようです。

うっすら何となく、自分の潜在意識の中でこの起きていたことを、先日の魚座・満月で分かった人もいるかもしれません。

そして、この魚座・満月で潜った潜在意識の海の中で、今の「私」にとって、かけがえのない’一粒の砂金(究極の可能性の種)’を手にしたあなたは、次の乙女座・新月でこれを現実化させていくために始動していきます。(関連記事

しかもこの現実化の流れは一時的なものではなく、2019年以降の流れを決めていくでしょう。

という、とても重要な節目となる新月です。

いつものように新月直前や当日ではなく、今回は新月に向けて、魚座・満月で掴んだ’一粒の砂金(究極の可能性の種)’をアクティベーションする方法をシェアさせて頂こうと思います。

①心と体のメンテナンスをしよう!

また詳しく書くつもりですが、今後の乙女座・新月はこのあなたが手にしている、’究極の可能性の種を蒔く’時になります。

そのために必要なのは、’土壌を整えること’なのです。

ここでいうこの土壌は、自分の人生を地球上で具現化している’私達の肉体’です。

私達はただでさえ、ここまで自分の心と体に相当な負荷をかけてきました。自分の外でもとんでもない酷暑や自然災害を体験しましたしね。

新月当日もそうですが、そこに向けてもここらでしっかり休息しましょう。

滋養のあるものを食べたり、湯船に浸かったり、しっかり寝ましょう。

または普段から不摂生している人は、この期間に暴飲暴食や体に害となるものはできるだけ控え、場合によってはプチ断食をしてみて’デトックス’してみるのも良いと思います。

②必要ではないものを見極め、手放す

満月に自分の中にある、古くてもう機能していない不要なものが露呈します。

それは、自分を狭くて重く固い檻の中に閉じ込めるような信念パターンだったり、恐れなどのネガティブな感情や執着しているあらゆるもの、習慣、物、人間関係、仕事、環境などです。

今回は新月に向けて、これらをしっかり見極めて、’捨てる’’切り離す’’終わらせる’のにとても重要になってきそうです。

それをするのに躊躇したり、自分にとって必要ではないものが分からない場合は、自分のいる空間で前から片付けたいと思っていた場所を今回、掃除してみましょう。

手放す覚悟ができたり、ぐちゃぐちゃしていた思考がクリアになるはずです。

③ドリーム・ビジョンを思いっきり書き出してみよう

魚座の満月で手にした砂金は、「究極の可能性の種」だと言いましたね。(自覚がない人でも潜在意識の中でしっかり手にしているので心配ありません。)

この種にプログラミングしていきましょう。

どうやるのか?

とっても簡単です。

1枚の白い紙を用意して、そこに「あなたが現実化したいこと」を無条件に書くだけです。

いいですか、無条件ですよ。

あなたの今の状況は一切関係ありません。一切の制限がない状態で、あなたが望む、理想とするあなた自身や人生の状態についていくつでも良いので(ここも制限はありません)、書き出してみて下さい。

いきなり何から書き出したら良いのか分からないという場合は、例えば

  • 健康
  • パートナーシップや家族
  • 住む環境
  • お金や所有するもの
  • 仕事や社会貢献
  • 人間関係
  • 学び、自己成長
  • 遊び、趣味

など、自分で項目を作ってみると書きやすいかもしれません。

そして最後に、一通り書き出したものに目を通して見て下さい。

すると、今の現状と自分が望んでいる現実とのギャップが見えてくると思うのです。

まず、それを明確にすることをして新月を迎える準備をしてみましょう。(私もやりますよ、もちろん!)

 

新月の数日前に、いつものように新月のことについて記事をアップしたいと思いますので、その時にこの取り組みの意味も分かると思います。

今回の新月はまた特別なマジックが起こりそうなので、ここまで頑張ってきたご褒美として、是非、みんなで受け取りましょう。

error: Content is protected !!