自然療法、クリスタル、アロマテラピー、フラワーエッセンス、カラーセラピー、カードリーディング、アストロロジー、ネイチャーマジックなどの講座、ワークショップ、セッションを提供するサロン&ショップです。

Let’s do it! *追記あり

前回の記事では、「月」に焦点を当てたかったので書かなかったのですが、実は水瓶座に新月が起きた同日(1月28日)、火星が牡羊座に入りました。

火星にとって牡羊座は支配星座なので、火星の本質を思う存分発揮できる場所。

よって、これから3月上旬ぐらいまで、’どうしても成し遂げたいこと’に対しての強い意志と意欲が高まり、「真っ向からの挑戦」「勝負する」という具体的なアクションを起こす勢いのある時です。

しかも、この勝負は十分、勝算があります。

勝負のステージは個人各々で異なるにしても、同時期の水瓶座に新月の「自分らしさというオリジナリティーの追求」がベースにあるのは確かだと思います。

それに加え、2月は月食と日食もあったりと、大きな動きや新しい展開が起きそうな気配です。目下のところ、2月2日、3日、4日の大きな波動的局面と11日の半影月食の満月あたりに自分の意識をフォーカスされてみると良いかもしれません。

勝機がある勝負だと伝えましたが、もしかすると目の前にある状況が、絶体絶命のピンチに陥ったような展開が起こるかもしれません。

ところがその中に、思いもよらない発想やアイデアが浮かび、とんでもなく素晴らしい解決策を見つけ出すことになるかもしれません。

これによって状況の一発逆転はもちろんのこと、今まで自分の限界の壁をぶち壊す、いわゆるブレークスルーが起こるかもしれません。

今回は強気で積極的に攻めていきましょう!

*追記*

今回の火星の牡羊座滞在は3月上旬までですが、今回、勝負したこと、また取り掛かったプロジェクト(目標への一歩)は、火星の公転周期である約2年後に望んでいた通り(またそれ以上)の形となって結果が出る流れにあります。特に牡羊座は「始めること」をサポートする上に、先日の新月(こちらも’スタート’のエネルギーをもつ)が拍車をかけているため、むしろ、「今やらなきゃいつやるの!?」的なメラメラ熱気ムードの中に私達はいるのです、よ?