【牡牛座・木星期の総括】想像を超えて発展していく自分の中の豊かさ

いよいよ牡牛座・木星期のラストスパートが残すところ10日間を切りました。

その時々の星の動きを読むことはなぜ、重要なのか?星の動きがなぜ、私たちの意識や行動に影響するのかについては、また別の機会に説明するとして、今回は木星という天体がこの1年間、滞在していた牡牛座から今月末に双子座へ移動する直前のこの時期に確認しておきたい大事なことについてお伝えしたいと思います。

(★前回の記事でも牡牛座に関することを書いていますのでよかったらチェックしてみて下さい。)

牡牛座・木星期を理解するためのポイント

木星の意味することとは?

占星術のことを知らない人でも「木星はラッキースター(幸運の星)」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

木星は「拡大・成長・発展」の性質をもち、木星がある12サイン(星座)の事柄や、木星と調和関係の位置にある他の天体に大きな恩恵をもたらすとされます。

しかし、実は私たちが考えるような単純に木星があるとラッキーというものではなく、木星が関わる事柄について今後、現状より大きく発展していくための可能性の種を撒く、というように考える方が正確なように感じます。

雑誌の占いなどで書かれている今年のラッキーな星座というのは、その年の木星が滞在する星座を指すのですが、その星座生まれの人がその年は何もせずボーッとしているだけで棚ぼた的に幸運が舞い込むというより、むしろ、その年は尋常でないほどいつも以上に動かなくてはいけなかったり、今までやったことがないようなことをやらないといけなかったりすることの方が多かったりするのです。

なぜなら、木星は私たちに今いる現状から大きく飛躍して人生の可能性を広げるための挑戦をしようとしているからなのです。

だから木星が関わることに関して、今までの自分ならやらなかったような大きなチャレンジが待っているのです。

私たち一人ひとり全く違う自分の出生ホロスコープの中の木星もまさにこういったことを示しています。

牡牛座が意味することとは?

では現在、この木星が滞在している12サインのうちの牡牛座とは何を意味するのでしょうか?

まず12サイン(占星術で扱う12星座)とは、簡単に言うと、私たちの意識が人間として人生を営む上で「物事をどのようにとらえ体験するのか」といった、自分自身や世界を認識するときに使う12の性質を表しています。

今回、木星が滞在する牡牛座は、私たちの意識が人生という体験をするにあたって「物質的なもの、五感で得られるもの(見えるもの)、もっているもの(豊かさ)、快不快、好き嫌い、自分の存在価値、ゆっくりしていてほとんど動かない、維持・安定」という性質を表しています。

これをもっと簡単に分かりやすく言えば、私たちの肉体、衣食住、所有物、土地、お金、価値観のことなのです。

また牡牛座をルールする天体が金星であることから、私たちの意識が見出す「豊かさや美と調和」ということにも関わります。

牡牛座は割と日常的な事柄において自分の五感や体感を通じて何に気持ち良さや豊かさ、美しさや調和を感じるのかといった、とても個人的な感覚や好み、強いこだわりとして体験します。

例えば、ある人は「朝食にお味噌汁は欠かせない。しかも赤みそでわかめと厚揚げとネギが入っていなければいけない。なぜなら朝のこの味噌汁が自分の体の細胞に沁み渡るのを感じて、満たされた気持ちで一日を始められるから。」というこだわりがあるかもしれません。

他にも「部屋の家具は天然木材で、空間は白が基調な方が落ち着く」であったり、「服はあのブランドのこの素材のものしか着られない」など・・・。

これを読んでくださっているあなたにも、日常生活において譲れないこだわり(マイルール)があるはず。

そして、この日常に根ざした五感的な感覚からくる個人にとっての確かな「価値観」をつくることにもつながります。つまり、自分にとって「生きる上でこれだけは大事にしたいと思うこと」です。

今回の牡牛座・木星期の意味すること

ここまででまとめますと、

牡牛座に木星が滞在していることの意味とは、私たちの「肉体、衣食住、所有物、土地、お金、価値観、五感を通じて感じる豊かさ・美・調和」という牡牛座の事柄において、現状から大きく発展・拡大・成長して飛躍していくための可能性に挑戦している、ということが分かりますよね。

さらに、木星は約1年かけて1つのサイン(星座)に滞在し、次のサインへ移動することから、牡牛座に木星が滞在してきた約1年の期間を「牡牛座・木星期」と呼んでいるのです。

2023年5月から始まった牡牛座・木星期の1年間は、個人的にも、社会的にも上記のことにおいて誰もが何かしら向き合ってきたということになります。

この後、5月27日から木星は次のサインである双子座へ移り、今度は「双子座・木星期」の別のテーマの1年が始まるわけですが、12サインは全て連動しているため、この牡牛座・木星期で向き合ったことの落とし所を自分の中でしっかりと認識できているかどうかが、次の双子座・木星期をより有意義に活用できるかに関わってきます。

今回の牡牛座・木星期には、実は今回限りのとても重要な特別な点があるので、これも確認しておきましょう。

一生に一度きりの天王星とのコンジャンクション

今回の牡牛座・木星期のイベントを特別なものにしている理由は、何といっても天王星と重なること(コンジャンクション)です。

天王星はその関わる事柄における「既存の認識を変革する(ひっくり返す)」という性質によって、人智を超えて私たちの霊性に強烈に働きかけるトランスサタニアン(土星外惑星)のひとつです。

これまで自分の中で前提となっていた既存の概念を逆転することで、その反対側の側面を認識することで、これまでの判断は一つものごとの半分側しか見えていなかったことに気付きます。

例えば、良い悪い、光と影、高いと低い、大と小も、捉え方の問題であったことが分かるようになる、といったようにこの認識の逆転がこれまでの人生そのものを大きく変革して、新しい未来の人生を切開いていく力になります。

そんな天王星は2019年3月から入った牡牛座の領域における私たちの既存の認識の変革を起こし続けています。その頃から牡牛座に関する事柄で認識が大きく変わってきたことの例として、

  • 場所(土地)に縛られないリモートワーク(オンライン化)
  • 修学旅行などの学校行事や海外旅行を仮想現実(VR)で体験
  • メタバースなどの仮想空間での土地や美術品(NFTアート)の売買
  • 人間の意識をデータとしてクラウドにアップロードするサービス
  • 物質的なお金が仮想通貨や電子マネーというデジタル通貨になる
  • AI生成技術によるアート、音楽、執筆、動画、音声などの製作

などが挙げられます。

つまり、牡牛座・天王星によって私たちの物質的な物事に対する既存の認識や価値観において変革が起きてきたように思います。

ここに、この変革をますます大きく発展・拡張させていく木星が重なった4月21日以降、異次元的なブレークスルーの大チャンスであり、想像以上に大きな道が開かれているため、どんな未来を望むのかを明確にすると良いと思います。

というのも、牡牛座・天王星らしい事柄の一見するとネガティブに見えるような、コロナ・パンデミック後の健康問題、大地震、食糧やエネルギー原料の不足、お金の価値価値の低下、価格高騰などがこれまでも起きてきましたし、これから状況がさらに拡大する可能性があります。

が、しかし、天王星がもたらそうとしているのはこれまでにはなかったような斬新な意識改革や方向転換であり、それによってこれまで私たちを実は制限していたことから解放し自立や自由をもたらすものです。

天王星を活用するためには、自分の外の世界の誰かや何かの他者軸によってもたらされるものではなく、私たち個々において自分の意識を能動的に変革していく必要があります。

牡牛座・木星期にこの天王星がコンジャンクションすることの凄さはこれだけではなく、この天体イベントの希少性です。

次に木星が牡牛座に戻ってくるのは約12年後ですが、天王星は約84年後です。だから今、生きている多くの人にとって、一生に一度だけ体験する機会になることもまた、この時期に起きることの特別な意味があるように思います。

牡牛座・木星期の星座別テーマ

ここまで読んで頂いて、2023年5月からの牡牛座・木星期のテーマについて一度、自分自身でも振り返りをしてみるといいと思うのですが、自分の誕生日からみる12星座(太陽星座)別で、この1年間、このテーマがフォーカスされたポイントを書いておきますので、参考にしてみて下さい。

(星座別のフォーカス・ポイント)

  • 牡羊座:自分の好きなことや得意なことを能力に変える、自己価値を高める
  • 牡牛座:自分を知って自分らしさを輝かせる生き方、自立すること
  • 双子座:見えないものや心(精神)の世界を通しての自己認識の変容、癒し
  • 蟹座:同じ価値観や志を共有する仲間、既存の認識を超えた壮大な目的
  • 獅子座:社会的な役割を引き受ける(キャリア)、到達したい人生の目標
  • 乙女座:自分の得意なことの専門性を高める、恐れを乗り越えてステージを上げる
  • 天秤座:他者との深い関わりと他者から受け取るもの、コントロール不能なもの
  • 蠍座:自分の個性が輝く環境を見つける、魂レベルでの人との繋がり
  • 射手座:自分の能力を使って人に貢献する、心や体の健康管理
  • 山羊座:自分の好きなことで自己表現する、クリエイティブな能力を開発
  • 水瓶座:自分の中の揺るがない信念を確立する、心のエネルギーをチャージする
  • 魚座:知らない世界を知りたいという知的好奇心、知識やスキルを習得する

ただし、これはあくま簡易的な診断になります。詳しい分析は、私たち一人ひとり全く異なる、世界で唯一の出生ホロスコープを使い、10個の天体から読み解いていきます。

当サロンの個人セッションでも行っていますので、ご興味のある方はセッションページをご覧頂くか、お問合せ下さい。

牡牛座・木星期の裏テーマ

牡牛座・天王星による「物質的な物事に対する既存の認識や価値観における変革」には、実はその背後にある重要な要素が関係しています。

それは、牡牛座の反対側にある蠍座です。

蠍座は、牡牛座の「見えるものの世界」、「物質的」、「与える」に対して、「見えないものの世界」、「霊的」、「受けとる」という性質をもちます。

牡牛座の五感を通じて物質世界で私たちが豊かさや心地良さを感じるのは、その裏にある蠍座の自分の奥の見えない世界で受け取っている何かからやってきているのかもしれません。

今までの豊かさやお金の意味、生きる上での価値観といったものが、単に物質的価値に基づいた「多いほど豊かである」、「高級であるほど、お金をかけて贅沢であるほど価値がある」といったものではなくなってきたのは明白です。

本当に自分を豊かにするもの、自分にとっての本当の価値は、個々の内的な感覚であり、それは自分の奥深くの潜在的な本質とつながったものになってきているのかもしれません。