自然療法、クリスタル、アロマテラピー、フラワーエッセンス、カラーセラピー、カードリーディング、アストロロジー、ネイチャーマジックなどの講座、ワークショップ、セッションを提供するサロン&ショップです。

【獅子座・新月】魂の情熱が創造の火花を放つ

記事をアップする日が過ぎてしまいましたが、8月1日12:13で獅子座で新月となりました。

というわけで、今回の新月は8月のスタートと重なったのも、’何か新しい始まり’を感じさせます。

この度もこの新月が象徴していることについて、占星術、ヌメロロジー、タロットなどを使った個人的な解釈で読み解いていきたいと思います。

◆魂の情熱を創造活動を通じて能動的に表現する

「私」という自我の中心から溢れ出した魂の情熱が「自分を知り、自分を表現して、創造しよう」と自分の外に向かって太陽のような熱く力強い光を放射しようとしているタイミングです。

ここでの魂の情熱は純粋な欲求として目的や意図無しに、とにかく外に放出するというより、まだ見ぬ何かを強く信じた上で自らの生命そのものを創造活動という形で表現しようとしているようです。

創造活動と言うと、アーティストでもない自分の実生活には程遠い感じがするかもしれませんが、魂から見た創造活動とは、実は’私達が人間として生きること(人間生活)そのもの’なのです。

人間として生きるなんて当たり前過ぎて、とても創造活動だなんて思えませんか?

そう思えないのは、私達が人間として生きる創造活動を無意識に習慣的な繰り返しの反応としてやってきているからなのではないかと思うのです。つまり、それは目の前に起こる物事や他者との関わりなど外界からのあらゆる状況に何とか対応していこうとする’受動的’な創造活動なわけです。

受動的な創造活動をしているうちは、基本的に時間、環境、肉体など物理的な制限の中で囚われた「仕方がない」「〜するしかない」という思考と、心配、不安、恐れ、怒り、悲しみなどの感情の中で、偶発的に起こるように思える状況や問題をその場限りの対応で何とか凌いでいくことの繰り返しになります。

そうなんです、創造活動とは自分の目の前の現実の創造活動のことなのです。

この獅子座・新月では、自分の現実(日常生活)のあらゆることにおいて、

「なぜ、私はそれをやるのか」

「どうして、私はそうしたいのか」

という根源的な理由や明確な意図をもって、自分の内側にうごめいている熱(魂の情熱)が呼応するものを意識的に表現していく能動的創造活動へのシフトのチャンス(というかチャレンジ)となりそうです。それは具体的に私達の行動の動機や意図、言葉、感情、行動そのものを’意識的に’一致させることでもあります。

また創造活動は自分の生命活動そのものであり、「自分は何者で何をするために存在しているのか」という自己のアイデンティティを見出す手段にもなります。

なので、自分が外界に向けて表現したあらゆること(身のこなし、雰囲気、態度、言葉、想い、行動)が自分の生命ないし自己存在そのものであるというわけです。

この新月は新時代の創造活動の在り方に変えていくための自己の再構築も促されるような力強い流れがあるように感じますので、古いパターンの自己の解体が起こって(もう既に起きている人も多いかもしれません)、自分の現実が劇的に変化していくような体験があるかもしれません。

◆創造の火花が自分の世界を循環する

能動的な創造活動を始めると、自分の魂の情熱が社会に循環するようになっていきます。というのも、魂は魂からしか熱を受け取れないからです。

特に今回の新月は、今まで自分が取り組んできたこと、既にもっているスキルや知識を仕事や社会貢献というような形で実際に誰かのために活かしていくことができる流れにあることを示唆している感じです。人によってはこれまでの経験を存分に発揮して、積極的に大きく何かを発展させていくことになるかもしれません。

従来の欠乏感を埋めたり、承認欲求を満たしたりする自我の欲望のためではなく、魂の情熱や喜びを表現する自己実現そのものが仕事になる(そうなると、もはや’仕事’ではないですね)という理想的な展開に繋がりそうです。

◆勇気と底力で突破した先にあるもの

ここまででも分かるように、この新月は現実レベルでの変化が、自らの創造活動や自己の再構築のシフトチェンジによって本格化しそうですので、いろんなチャレンジに出くわすことも予想されるわけです。

今までにない大きな変化がある時というのは、その未知の展開に尻込みするかもしれませんが、ここまで来たら勇気をもって潔くダイブしたいところです。ここでは最早、過去の経験則など通用しませんので、参考にしても無駄でしょう。なにせ新しいパターンへのシフトの時です。

ここまで魂の情熱のエンジンで自分だけに集中してガンガン飛ばして来れたのですが、途中、世界には自分以外の存在(他者の視点)がいることを思い出し、一時的にエンストすることもあるかもしれませんが、実はその時こそが自分の意識のレベルが今までそれがあるとは想像すらしなかった次元へと突破する本当のシフトが起こるのではないかと思っています。

それは、もしかしたら、自分の魂の能動的創造活動の裏舞台を垣間見るようなことなのかもしれません。

★ ★ ★

実は今回の記事を書くにあたって、最初にフォーカスする視点の幅が広すぎて困りました。何となくですが、これまでも段階的に交差点はあったと思うのですが、とうとうこの新月あたりから私達個々の意識がこれまで共有していた部分に大きな変更がされたのではないかと感じています。

これからここで書いていく記事の内容も、(勇気をもって笑)私の能動的な創造活動としてアクセルを踏み込んで行きたいと思ってます^^。

*ご興味のある方はさらにこちらもどうぞ。
★この新月の分析に活用したもの★
(ホロスコープ)

  • 月&太陽(9ハウス):♌8°
  • ♌新月&金星:コンジャンクション
  • ♌新月&♐木星(2ハウス):トライン
  • ♌新月−♈カイロン(5ハウス):トライン
  • ♌新月−♉天王星(6ハウス):スクエア
  • 9ハウスに太陽、月、金星、水星、ドラゴンヘッド
  • ♌に太陽、月、金星、火星

(数秘&タロット)

  • 2019年8月1日→21(世界)→3(女帝)
  • ♌8度の新月→8(力)